「技術情報」カテゴリーアーカイブ

新作デザインパネル D-UV の事前案内です。

装飾パネルの決定版

アルミパネルにデザインを描画します。

とりあえず壁に鋲で止めてみました。

上段と下段は色違いです。

当面、内装用として受注を開始します。

標準図は下をクリック

UV塗装標準

デザインはインクジェットプリンターでのプリントです。

もちろん、カラーは自由。元図があれば、スキャンして画像修正して、プリントも可能。

新しいデザインを募集しています。

これを1枚のアルミ板でパネルにします。

あなた独自のデザインパネルを作ってください。

 

LCDパネルを使った改修が完了しました。

レーザーカット デザインパネル (LCDパネル)を使った改修工事が完了しました。

高性能レーザーでアルミニウム 2ミリ厚の板を切断して製作しました。

ガラスに映ると奥行感や立体感が強調されました。

パネルの間にガラスを挟んだダブルスキン構造です。

通常のパネル壁と比べてとってもオシャレですよね。

技術的にには、

切断による歪

バリ取り

取付部品をめだたないように

これらに特に留意しました。

横浜市の馬車道を歩いてみてくださいね。

 

 

R曲げルーバー

遅ればせながら Rルーバーをご案内いたします。

木目調ルーバーには、ラッピングや転写の方法があります。

これを曲げようとすると内側にシワがよってしまいます。

これでは製品になりません。

  

写真はラッピング木目調のルーバーですが、熱転写木目調の材料でも同様に、シワを出さずに曲げてしまいます。

R曲げするには、材料の形状や肉厚など多くの要因が絡まっています。

ご希望のデザインを具現化するための、型材形状の設計などもお手伝いいたします。

 

今後の新しいルーバーとして、自由曲線の天井ルーバーを企画中です。

天井にボードを貼らずに、曲線ルーバーを設置すると、天井の奥が見えにくいのに高さは感じられることと思います。

ぜひご期待ください。

 

 

 

 

 

ツイストルーバーが開発間近となりました。

アルミルーバーにヒネリを加えました。

さらに、ツートンカラー メタル調塗装 木目シートラッピング

に対応できる仕様になっています。

 

サイズは、10X80 です。

曲率の限度は、L-2000  の時、360° までヒネリが可能です。

サイズ及び曲率については、加工後塗装等の対応でよければご相談に応じられることがあります。

見積もり、その他ご質問は、お気軽にメールで宜しくお願いします。